週休3日制の義務化いつから?給料減るは嘘?パナソニック週休3日制の結果も

スポンサーリンク

週休3日制の義務化いつから?

 

 

現時点では週休3日制の義務化は未定です。

 

日本政府は「企業における導入を促し、普及を図る」とあるので、週休3日制を後押しすることはあっても、今すぐに義務化、完全導入の閣議決定はされていません。

 

週休3日 義務化

 

引用:内閣府 経済財政運営と改革の基本方針2021

 

スポンサーリンク

 

 

週休3日制はいつから?

 

 

では週休3日制はいつから義務化、完全導入されるのでしょうか?

 

それは完全週休2日制が普及された歴史を振り返ると参考になるかもしれません。

 

完全週休2日制は、1965年に松下電器産業(現パナソニック)が日本の企業で初めて導入。

 

遅れて1980年代から他の民間企業にも広がり、1992年には国家公務員も完全週休二日制を導入。

 

2002年から公立学校も土曜日を休みとする完全週休二日制を導入しています。

 

【参考】休日Wikipedia

 

歴史を参考にすると、あと10年~30年で週休3日制が一般的になるのかなという印象です。

 

 

週休2日制と完全週休2日制の違い

 

上記で完全週休2日制をパナソニックが日本で初めて導入と紹介しましたが、

 

完全週休2日制と週休2日制、呼び方は似てはいますが内容は全然違います。

 

「完全週休2日制」は、必ず毎週2日の休日がある制度。ただし土曜・日曜に限定されません。

 

「週休2日制」は、一カ月の中で、週2休みが一回以上ある制度。その他の週がすべて週一休みであってもこのように呼ばれます。

完全週休2日制 週休2日制 違い

 

 

週休3日制で給料減ることはないって本当?

 

 

選択的週休3日制では、選択した働き方によっては給与は変わりません。

 

  1. 給与を今までの8割に削減して週休3日制
  2. 給与は維持だが1日の所定労働時間が増やして週休3日制
  3. 労働時間と給与は維持、生産性の質を上げて週休3日制

 

多くの方の希望は今の仕事内容のままで、休みが増えることをイメージしますが、選択週休3日制度では休みが増える分の対価を選択する必要があります。

 

 

   1.給与を今までの8割に削減して週休3日制 

 

労働時間に応じて今までの給与を削減。労働時間が減った分、給与も減る。

 

 

   2.給与は維持だが1日の所定労働時間が増やして週休3日制 

 

1日の労働時間を増やして給与を維持するケース。

例えば月曜日~木曜日の労働時間を増やして金曜日~日曜日を休日にするなど。

 

 

 3.労働時間と給与は維持、生産性の質を上げて週休3日制 

 

労働の生産能力を上げて、労働時間と給与を維持する。

1日の労働時間と給与はそのままで週休3日制になる分、業務効率化の見直しを会社全体で進める必要あり。

 

【参考】選択的週休3日制の導入について検討すべきでしょうか?労務管理上のデメリットやリスクを知りたいです。タヨロウ

 

選択的週休3日制度とは?

 

「経済財政運営と改革の基本方針2021」いわゆる「骨太の方針」で、政府が普及を図っているのが「選択的週休3日制」です。

 

引用:内閣府 経済財政運営と改革の基本方針2021

 

 

パナソニック週休3日制で給料はどうなった?

 

 

現時点では、パナソニックは1日の労働時間を維持、給与は検討中です。

 

1日の労働時間が減らない選択的週休3日制のパターンは2つ。

 

 ・給与を今までの8割に削減して週休3日制

労働時間に応じて今までの給与を削減。労働時間が減った分、給与も減る。

 

・労働時間と給与は維持、生産性の質を上げて週休3日制

労働の生産能力を上げて、労働時間と給与を維持する。

 

パナソニックはどちらを選ぶのでしょうか?注目して見守りましょう。

 

 

【参考】パナソニック、週休3日制を試験導入へ 「1日の労働時間は変えない」/Yahoo!ニュース

 

 

週休3日制は学校も?

 

 

週休3日制の学校への導入も、現時点では未定です。

 

週休2日制の広がり方から見ても、一部企業から徐々に他の企業、公務員、学校へと広がっていくのではないでしょうか。

 

 

週休3日制に賛成?反対?

 

 

週休3日制に賛成

 

 

 

 

 

 

週休3日制に反対

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

  • 現時点では週休3日制の義務化はありません。
  • 週休3日制はいつから?、週休2日制の歴史を見ると一部企業から徐々に他の企業、公務員、学校へと広がっていくのではと推測できます。
  • 選択的週休3日制では、選択した働き方によっては給与は変わりません。
  • 週休2日制と完全週休2日制の違いは、「完全週休2日制」は、必ず毎週2日の休日がある制度。「週休2日制」は、一カ月の中で、週2休みが一回以上ある制度です。
  • 現時点では、パナソニックは1日の労働時間を維持、給与は検討中です。
  • 週休3日制の学校への導入も、現時点では未定です。

 

以上になります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

※当サイトは2022年4月25日現在の情報です。

当サイトの情報・作品画像は下記の公式サイトから引用しています。 比較されている数値や事実を正確かつ適正に引用しておりますが、 不正確な情報があれば、サイト下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願い致します。 速やかに事実を正確かつ適正に修正させていただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました